映画予告編の小部屋

映画の予告編についてひたすら語っていきます!

#18 ぐるりのこと。 (2008)

1990年代の日本を舞台に、ある夫婦の物語を描いた作品です。

 

ぐるりのこと。(プレビュー)

https://youtu.be/46SDOonX4y0

 

 

 

*******

 

 

 

今まで紹介してきた中で初の邦画予告編となります。

傾向として、邦画の予告編はシーンを詰め込みすぎなものが多く、詰め込むと定型に収めざるを得なくなってしまうので印象に残りづらくなります。

 

その中でもこの「ぐるりのこと。」の予告編は、好きで何度も観ていて、ぜひ紹介したい作品です。

 

この予告編では、10年という長い月日の中で、変化していく夫婦の感情と関係性を、この映画の主題歌である、Akeboshi”Peruna”がすべて引き出しています。

この映画のために書き下ろした楽曲ではないらしいですが、予告編を観た後だと「ぐるりのこと。」の主題歌はこの曲しかありえないと思ってしまいます。

 

初めのパートでは、結婚する二人と周囲の反応について描かれています。しっかり者の妻と頼りない夫という、平凡な夫婦の平和な日常を切り取っています。

f:id:kasai-zenjiro:20191015225950j:plain

 

中盤では、突然襲った子供の死という苦難に対し、苦悩する二人の様子が描かれます。どのシーンも大げさでなく、少しずつ壊れていく心をリアルに表現しています。

法廷画家である夫の仕事風景を通して、1990年代の日本の時代背景についても描いているのがこの作品の特徴です。心に傷を負った夫は、あまりにも悲惨な事件に対して、仕事として受け入れられず葛藤します。

f:id:kasai-zenjiro:20191015230004j:plain

 

それでも、最後のパートで二人は支え合って、前を向いて進んでいきます。

夫の上司を演じる柄本明

「大事にできるものがあるときは、大事にしとけよ」

という言葉が心に残ります。

f:id:kasai-zenjiro:20191015230016j:plain

 

最後に出てくるこの映画のキャッチフレーズは、作品を端的に表していて、予告編の締めにふさわしい言葉だと思います。

f:id:kasai-zenjiro:20191015230028j:plain

 

また主題歌の話に戻るのですが、この予告編で主題歌”Peruna”は少し変わった使われ方をしています。初めのパートで流れて、中盤では他の曲に代わるのですが(でもよく聴くと同じ曲を編曲したものかもしれません)、最後のパートではまた”Peruna”が流れます。異なる場面で異なる味を引き出せるこの曲ならではの演出だと思います。

 

悲しさもたくましさも見事に表現する出演者の演技、そして物語のイメージと完璧に調和する音楽。

邦画洋画といった括りは関係なく、ずっと心に残る素晴らしい予告編です。

 

Akeboshiは、この監督の「恋人たち」という作品でも主題歌を担当しているのですが、その予告編も素晴らしい出来なのでそのうち紹介します。

 

読んでいただきありがとうございました。