映画予告編の小部屋

映画の予告編についてひたすら語っていきます!

#29 SHAME -シェイム- (2011)

性依存症の男ブランドンの苦悩・葛藤を描いた作品。

主演は#28X-MEN: フューチャー&パスト」でマグニートー役を演じたマイケル・ファスベンダー、ブランドンの妹を演じるのは#21華麗なるギャツビー」でヒロインを演じたキャリー・マリガン

 

映画『SHAME-シェイムー』予告編

https://youtu.be/PMWeVu0xWHU

 

 

 

*******

 

 

 

静かな音楽から入り、乱れた生活を送るブランドンについて描かれます。

N.Y. 成功者 セックス中毒」

ベッドに横たわり空を見つめるブランドンとこの字幕の単語だけで、主人公の置かれている状況が鮮明に理解できます。

f:id:kasai-zenjiro:20200128141504j:plain

 

そんなブランドンのもとに妹のシシーが現れ、家に泊めてほしいと頼みます。渋々受け入れたブランドンは、はじめシシーと上手く共同生活を送りますが、感情的な二人は、ある出来事をきっかけに徐々に関係が悪化していきます。二人の間の逃れられない過去が今も二人を苦しめていることが示唆されます。

f:id:kasai-zenjiro:20200128141518j:plain

 

ブランドンが感情を抑えきれず涙を流すシーン、このマイケル・ファスベンダーの圧巻の演技だけでも予告を観る価値があると思います。

f:id:kasai-zenjiro:20200128141539j:plain

 

「セックスを隠れみのに、男がひた隠しにする本当のシェイムとは」

ナレーションも良い味を出していて、思わず本編が気になります。

 

「私たちは悪い人間じゃない

悪い場所にいただけ」

最後に電話越しのシシーの台詞と、肩を寄せ合う二人の姿が流れます。過去に苦しみ、葛藤する二人を包み込むような終わり方で、すごく良い後味を残していると思います。

f:id:kasai-zenjiro:20200128141604j:plain

 

少し過激な題材ですが、苦悩する二人の演技を効果的に演出できている素晴らしい予告だと思います。

 

読んでいただきありがとうございました。