映画予告編の小部屋

映画の予告編についてひたすら語っていきます!

#40 007 スカイフォール (2012)

伝統あるスパイアクション映画「007」の23作目にあたる作品。ダニエル・クレイグ版のジェームズ・ボンドとしては3作目となります。

 

映画『007 スカイフォール』予告編

https://youtu.be/IIKpljEpPSA

 

 

 

*******

 

 

 

MI6エージェントのジェームズ・ボンド、ボスのM、監視役のギャレス、武器開発係のQといった主要登場人物を前半で全員魅力的に描けているのが良いポイントだなと思います。

f:id:kasai-zenjiro:20200129182154j:plain

f:id:kasai-zenjiro:20200129182204j:plain

f:id:kasai-zenjiro:20200129182218j:plain


特にQは久しぶりの「007」登場で、長年のファンの方は嬉しかったのではないでしょうか。しかし勿体つけることなく登場させてボンドと横並びにすることで、歴代よりも若く親しみやすいQを印象付けられていると思います。

f:id:kasai-zenjiro:20200129182234j:plain

f:id:kasai-zenjiro:20200129182244j:plain

f:id:kasai-zenjiro:20200129182254j:plain

 

後半になって今回の敵役のシルヴァが登場します。演じるのは#12パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」でも魅力的な悪役を演じたハビエル・バルデムです。白い髪と白いスーツが、彼が抱える憎悪、悪意と対照的です。

Qとは異なり、短い予告の中でも、部屋の奥からゆっくり近づいて最後に顔を見せる演出にすることで、只者ではないことを示します。

f:id:kasai-zenjiro:20200129182319j:plain

f:id:kasai-zenjiro:20200129182346j:plain

シルヴァに自分の役割を聞かれて、ボンドが拘束されながらも平然と”Resurrection(生き返ること)と答えるシーンが格好良いです。前半で死地から任務に舞い戻ってきたことを時間をかけて描いていたのが効いています。

f:id:kasai-zenjiro:20200129182421j:plain

f:id:kasai-zenjiro:20200129182433j:plain

 

その後はおなじみのテーマソングを聴かせながらアクションシーンを流し込みます。電車に飛び乗って袖を直すシーンなどはさすがに見せ方が上手いなと思います。

f:id:kasai-zenjiro:20200129182446j:plain

 

007」シリーズは作を追うにつれて明確に物語が進んでいくわけではありません。作品ごとにテイストが違うとしても予告ではその違いが表れづらくかなり似通った仕上がりになってしまう傾向があります。そんな中でも、この「007 スカイフォール」の予告は過不足なくまとめつつキャラクターを魅力的に描けていて、完成度が頭一つ抜けているなと思ったので紹介してみました。

 

読んでいただきありがとうございました。